名古屋のレーシック眼科を紹介

レーシックを名古屋で受ける!

名古屋はレーシックのクリニックはたくさんあります。

おすすめは品川近視クリニックでのイントラレーシックですが、その他の眼科も紹介していきましょう。

大手ですと品川の他には「錦糸眼科」と「神戸神奈川アイクリニック」があります。
後者は元神奈川アイクリニックが神戸クリニックに合併されたレーシック眼科です。

どの眼科でもホリエモンなど有名人も手術していますし、大手ならではのアフターサービスもしっかりしています。
数年前まではスタンダードだったイントラレーシックなら比較的やすく受けられるのでおすすめです。

品川近視クリニックは名古屋駅からやや歩くので、地下鉄で「国際センター」まで行くと来院しやすいと思います。

錦糸眼科は地下鉄で栄駅まで行ってください。
名古屋 レーシックで一番名駅から近いのは神戸神奈川アイクリニックだといえますね。

レーシックにもセカンドオピニオンは重要かも

名古屋でレーシックを受ける前に、セカンドオピニオンも考えた方がいいかと思います。これは医療においては「主治医以外の医師・医療専門家に意見を求めることや、その意見自体」を指します。

「レーシック」においては、副作用や合併症を極力避けるために、手術の前の段階でこのセカンドオピニオンを利用することも考えておいたほうが良いでしょう。

もちろんセカンドオピニオンのためには、まず主治医に診療情報提供書を作成してもらうなどの手間が発生し、またそれ自体も頼みにくいことではありますが、手術を終えたあとで問題が発生しセカンドオピニオンを求めても手遅れである場合があります。

第三者の意見で解決したり、再手術で治療可能であればまだ良いのですが、「レーシック」手術自体がそれなりの技術と経験を必要とするものであり一度受けたあとに受ける前の状態に戻すということが不可能なたぐいの手術だからです。
ですから「レーシック」においては、手術の前の段階でのセカンドオピニオンを求めることが失敗のリスクを軽減します。

「レーシック」技術そのものは、安全性がとても高いものです。
しかし、やはり術者の技術力如何では結果がかなり異なってきます。
環境によっても感染症を引き起こす原因となったり、診断ミスや施術時のちょっとした匙加減で術後の見え方なども変わってくるのです。
また目そのものにも個人差があり、これに最も適した施術を受けられることが重要課題と言えるでしょう。

ですからセカンドオピニオンにより複数の医師の意見を元に、どこでどのような「レーシック」手術を受けるのかの最終決定を下すことが可能です。
最終決定を下す患者側は医療の素人が多いわけですから、様々な意見を元に考えるのが良いでしょう。

名古屋のレーシック眼科を紹介!評判もチェックメニュー